大針文庫

先生の代表作「象」1957年
《大針文庫 おおはりぶんこ

木版書家篠田昭二先生(墨人会会員 1927~2000)所蔵の書関係の本約400冊を奥様より頂戴し、お住まいがあった多治見市大針町に因んで「大針文庫」と名付けて公開しています。先生は住職の中学校時代の恩師で、書の道へ導いてくださいました。先生の作品も約20点を所蔵しています。

主な蔵書

篠田昭二木版書作品集(第Ⅰ集~第Ⅲ集 自選)
同遺稿詩集「愛」(篠田雅子編)
  • 「墨美」(森田子龍編 墨美社)―13号(昭27)から301号(昭55 最終巻)までほぼ揃い
  • 墨人作品集(第3号~第7号)、「墨人40年」、「書の美しさ」(墨人50年記念) すべて墨人会発行
  • 他の作品集、遺墨集―森田子龍、井上有一、辻太、中森博文、萩原冬眠、安井寿泉、中野志宣、石田泰邨、 奥谷九林、久野麦銭、書典社、華墨会、等
  • 法帖―遂良、顔真卿、空海、等
  • 雑誌―「墨」、「書道芸術」、等
主な所蔵篠田作品
  • 「象」、「花」、「壺」、「愛」、「始平公造像記模刻」、「はなびらに」、「石は億万年を」、「マグマの歌」、等