2020/01/01

 宗圓寺(そうえんじ)は、西本願寺のお寺です。名古屋は西本願寺のお寺が少なく、「なかなか西本願寺の寺が見つからない」といわれます。新たに寺をお探しの方、故郷にお手次寺があるけどこの地でお参りできる寺を探したい方、当サイトをご覧いただきましたらどうぞ、宗圓寺にご連絡ください。名古屋の中心に所在しますから、市内全域はもちろんその周辺までお伺いできます。そして何よりも、丁寧な読経を心がけています。
 宗圓寺ホールは、宗旨や業者を問わずどなたでも葬儀にご利用いただけます。落ち着いた雰囲気で、家族葬や小規模葬に最適です。
 お参りできる場所があることの安心は大きいと思います。新たなご仏縁に感謝いたします。  合掌


春には境内の桜が見事に咲きます
 

2019/05/01

今月の言葉(2019年5

 ※「今月の言葉」は、山門(A)と通用門(B)の各掲示板に毎月初めに掲示します。
    (山門脇の「言葉」は、真宗教団連合発行の「法語カレンダー」より)
 ※恥ずかしながら、住職が揮毫した「言葉」を掲示しています。
 ※2019年1月より、A3用紙に仏教に関する内容を簡単にまとめ、「A3仏教」と名付  けて上記掲示板に掲示することにしました。若干手を加える場合がありますが、ここにも掲げることにします。

今月の言葉(A)

「十方の如来は衆生を一子のごとくに憐念す」 
               (親鸞聖人作『浄土和讃』より)


現代語訳(引用和讃全文)
 
 超日月光この身には
  念仏三昧をしへしむ
  十方の如来は衆生を
  一子のごとく憐念す

超日月光仏がわたしに、他力の念仏をお教えになった。すべての世界の仏がたは、あらゆるものをひとり子のようにお哀れみになる。

※超日月光仏・・・阿弥陀仏の別名。
※この身・・・ここでは勢至菩薩を指す。
※浄土和讃・・・親鸞聖人が著わされた『三帖和讃』のひとつで、他に『高僧和讃』と『正像末和讃』がある。聖人が晩年、ご法義を和語でわかりやすく表された。


今月の言葉(B)

「風はみえないけれど
    風のすがたはなびく草の上に見える 
                 (真宗学・文学博士 大江淳誠師

風薫る5月、さわやかな風が新緑を揺らし、肌を撫でます。今月は「風」に関する言葉です。「風は何色?」なんていう歌詞の歌があったような気がするのですが、今は思い出せません。

どうしても私たちは目に見えるものを信用し、それらを中心に物事を考え、判断することが多いようです。

と同時に、目に見えていてもそれを直視せず、自分の思い込みや好みで判断することもよくあることです。

いずれにしても、自分の思いに縛られず冷静に物事を見たり判断することが、私たちは苦手なようです。

「風は・・・」の言葉は、物事の本体(主体)が見えなくとも、その働き(用き)があり、この風のように私たちには見えないけれど、計り知れないほど 多くのはたらきの中で私たちは暮らしている、生かされていると気づかされます。

そして、同じように阿弥陀様のおはたらきも私の目には見えませんが、常に私たちを救おうとはたらいてくださっています。

※大江淳誠・・・浄土真宗本願寺内の真宗学研究施設である宗学院の初期研究者で文博(真宗学)。浄土真宗本願寺派においては勧学(宗派内の学階の最高位)についた。親鸞聖人の主著である『教行信証』に関する著書が多い。
※教行信証・・・親鸞聖人の主著。「本典ほんでん」ともいう。日頃お勤めして親しんでいる「正信念仏偈」はこの著書の中の偈文。



 《 ご法事の服装 》 「A3仏教」2019.5

この頃、「ご法事にはどんな服装がいいですか?」とよく尋ねられます。実際は黒の礼服(喪服?)にすべきですか、ということのようです。以前は、お葬式や通夜の服装については時々尋ねられましたが、ご法事についてはあまり尋ねられた記憶がありません。
一周忌(あるいは三回忌)までなら悲しみの気持ちから黒(喪服)もいいでしょうが、私どもの宗派では七回忌以降は“赤いろうそく”を用いますからもう、黒は止めて平服にしませんか。結婚式でも礼服は黒だからという方は、ネクタイを白にしませんか。いつまでも悲しみ中心ではなく、仏法に遇う喜びを表現したいです。お浄土に往生されて仏様になられた故人も、それを望んでおられるのでは?
真宗門徒は服の色よりも、❝門徒式章❞【右写真】の着用を心がけたいです。
 なお、喪服は、喪に服する立場の人が着るのが本来ですから、それ以外の方が着用されるのは間違いです。




永代経法要 勤まる 

 ~先人の願いに耳を傾ける法要~ 
    併修 全戦没者追悼法要・東日本大震災犠牲者追悼法要

昨日午後1~4時当寺本堂に永代経法要が勤まりました。
連休に入ってからの法要でしたので、参詣者の方にはややお参りしづらい日程でした。そのためか例年よりも少々参詣者が少なかったのが残念でした。
しかし例年通り、有志の方による荘厳奉仕は行われ、仏具はピカピカに磨き上げられ、阿弥陀様・親鸞聖人・法名軸の前には一つ一つ手作りされた約1500個の小餅が積み上げられた「お華束」(右写真 斜めに彩色されている)がお供えされました。

今年お参りが難しかった方は是非、来年お参りください。
なお、11月23日は報恩講法要です。こちらも是非お参りください。


2019/04/01

今月の言葉(2019年4

 ※「今月の言葉」は、山門(A)と通用門(B)の各掲示板に毎月初めに掲示します。
    (山門脇の「言葉」は、真宗教団連合発行の「法語カレンダー」より)
 ※恥ずかしながら、住職が揮毫した「言葉」を掲示しています。
 ※2019年1月より、A3用紙に仏教に関する内容を簡単にまとめ、「A3仏教」と名付  けて上記掲示板に掲示することにしました。若干手を加える場合がありますが、ここにも掲げることにします。


今月の言葉(A)

「真実の信心はかならず名号を具す」 
               (親鸞聖人著『教行信証 』より)


現代語訳
この真実の信心には、必ず名号を称えるというはたらきがそなわっている。

「真実の信心は必ず名号を具す」の名号は、称名(「南無阿弥陀仏」と称えること)のことです。「具す」につづいて、「しかしながら、名号を称えていても必ずしも他力回向の信心がそなわっていると限らない。」とあります。
「ごめんなさい」と言ったから、必ず心底詫びているとは限らない場合がありますが、本当に申し訳ないと思っているのならば自然に「ごめんなさい」と口に出る。という感じでしょうか。
「南無阿弥陀仏を称えれば救われる」とよく言われます。「南無阿弥陀仏」は救われるための条件、ということだと思います。
けれども、「南無阿弥陀仏を称える→救われる」の順番ではなく、阿弥陀様はすべての人を救うとおっしゃっているのでそのお言葉を信じ、救われると思えた時に自然と「南無阿弥陀仏」が口に出るのだと思います。しかし、その信じること自体が自ら信じるのでなく、阿弥陀様より「信心をいただく」「信心にめぐまれる」のです。

※教行信証・・・親鸞聖人の主著。「本典ほんでん」ともいう。日頃お勤めして親しんでいる「正信念仏偈」はこの著書の中の偈文。


今月の言葉(B)

「ご縁ご縁みなご縁こまったこともみなご縁 
                     (念仏詩人 木村無相師


「この度ご縁があって・・・」というのは普通、そのご縁(関係)を好意的なもの喜ぶべきものとして受け止めているように思います。
また、「それは縁起でもない」という時は、できれば避けたいもの喜ばしくないもの、という場合がほとんどだと思います。
つまり、「縁」は普通、喜びの対象になる事柄に対して使われるようです。
ところが「縁」は仏教の要ともいえる重要語で、ものごと、できごと、あるいは物体などができた(存在する)時の原因をいいます。あるいは「因縁」というような時は因を直接的原因、縁を間接的原因とします。
いずれにしても、原因があって結果があることを示し、そこに善悪、好き嫌いなどの区別や判断、評価をする余地はありません。
もっともその判断評価は多分、自分に都合がいいか悪いかというレベルでのこと。
自分に都合の良いことだけを「ご縁」と受け入れる、ということは本来の縁の意味から遠く離れた理解になると思います。

※木村無相・・・1904~1984、熊本県八代市出身の念仏詩人。20歳の頃、ふと自分の内心に目が向き、両親を怨む自分の根性のひどさに驚いて道を求め始めたという。高野山で真言宗を、京都で親鸞聖人の教えに学ぶということを繰り返し、その後は50代後半に京都・東本願寺の門衛をしながら聴聞に励まれたとか。詩集に『念仏詩抄』がある。


・・・「A3仏教」は、今月はお休みします。また来月よろしくお願いします。






《 ご 案 内 》

永代経法要 

 ~先人の願いに耳を傾ける法要~ 
    併修 全戦没者追悼法要・東日本大震災犠牲者追悼法要

今年も永代経法要の時期が参りました。

どなたでも自由に参詣・聴聞できますから是非、ご参詣ください。 詳しくは⇒

 ・ 日時 4月29日(祝) 午後1時~4時
 ・ 場所 本堂(2階) 椅子席
 ・ 法話 香川県坂出市光耀寺住職 橋本朗仁先生
 ・ 荘厳奉仕 4月28日(土) 午後1時~3時
    (仏具のおみがきや、清掃、参詣席の設営などにご協力ください)



「住職のレコード棚」コンサート

恒例の住職の趣味を押し付ける催しです。今年は何と10回目になります。
どなたでも自由にお聴きいただけます。(予約不要、無料)
さて、今年のテーマは?                    詳しくは

 ・ 日時 6月5日(水) 午後6~8時
 ・ 場所 当寺ホール(講堂)

〈昨年の演奏曲〉
 TVドラマ「鬼警部アイアンサイド」のテーマ(クインシー・ジョーンズ)/パリの散歩道(ギター:ゲイリー・ムーア)/アドロ(フランク・プールセル楽団)/前同(グラシェラ・スサーナ)/ラブ・ミー・トゥナイト(トム・ジョーンズ)/涙をこえて(ヤング101)/タブー(ペレス・プラード楽団)/桃色吐息(高橋真梨子)/グリーンスリーブス(メゾ・ソプラノ:波多野睦美 リュート:つのだたかし)/ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲「アメリカ」第1楽章冒頭部分(スメタナ弦楽四重奏団)/フランク/ヴァイオリン・ソナタイ短調第4楽章(ヴァイオリン:ダヴィト・オイストラフ ピアノ:スヴャトスラフ・リヒテル)/THE REAL LIFE(赤い鳥)/LOVE2000(安室奈美恵)/ワイルド・フラワー(ノーザン・ブライト)/朝日のあたる家(ジ・アニマルズ)/南無阿弥陀仏(孟庭葦?)中国のCD /シューベルト/歌曲集「冬の旅」より菩提樹(バリトン:ヘルマン・プライ ピアノ:カール・エンゲル)/ヘンデル:オンブラ・マイ・フ(ソプラノ:キャスリーン・バトル)/ムソルグスキー/ラベル編曲/組曲「展覧会の絵」よりキエフの大門(指:アンタル・ドラティ ミネアポリス交響楽団)



境内の桜

枝垂れ・・・ほぼ満開
染井吉野・・・7~8分咲き、見頃になってきました。

カメラを向ける方が増えてきました。お近くに来られたらご覧ください。

 

2019/03/28

《 花 便 り 》

境内の桜が咲いてきました。

山門脇の「染井吉野」は今のところ三分咲きくらいになり、
これからどんどんと見頃になっていくでしょう。

本堂南側の「枝垂れ」は七から八分咲き。

染井吉野の隣の「ぼけ」も、鮮やかな赤が増してきました。

そして、広小路を渡った交差点角にある「枝垂れ」はほぼ満開。

画像でお見せする用意がなく申し訳ありませんが、
お近くにいらしたらぜひ、ご覧ください。

2019/03/05

「新栄しだれ桜まつり」、今年は開催せず

すでに年初にお知らせしましたが、昨年の第1回が好評だった「新栄しだれ桜まつり」は、実行委員会の都合により今年は開催されません。大変残念です。来年の開催に期待をしています。

「桜まつり」はなくとも、宗圓寺の桜はいつも通り美しく咲いてくれるはず、その時期にはどうぞ花見にお越しください。

2019/03/04

今月の言葉(2019年3

 ※「今月の言葉」は、山門(A)と通用門(B)の各掲示板に毎月初めに掲示します。
    (山門脇の「言葉」は、真宗教団連合発行の「法語カレンダー」より)
 ※恥ずかしながら、住職が揮毫した「言葉」を掲示しています。
 ※2019年1月より、A3用紙に仏教に関する内容を簡単にまとめ、「A3仏教」と名付けて上記掲示板に掲示することにしました。若干手を加える場合がありますが、ここにも掲げることにします。


【今回は公開が遅れてしまいました。3月に入ってすぐに訪問してくださった方に  は大変、失礼いたしました。どうぞ、お許しください。】


今月の言葉(A)

「われらは善人にもあらず賢人にもあらず」 
               (親鸞聖人著『唯信鈔文意 』より)


現代語訳
わたしたちは善人でもなければ、賢者でもない。(続いて・・・賢者というのは、立派ですぐれた人のことである。ところがわたしたちは、仏道に励む心もなく、ただ怠けおこたる心ばかりである。心のうちはいつも、むなしく、いつわり、飾り立て、へつらうばかりであって、真実の心がないわが身であると知らなければならないというのである。)

わたしたちは善人でもなければ、賢者でもない。その通りですが(ただし、自分ではそうだと認めたくない)、ならばわたしたちは救われぬ身なのでしょうか。
中学校の教科書にも「悪人正機説」はでてきます。以下有名な『歎異抄』より、その部分を現代語訳で引用します。

善人でさえ浄土に往生することができるのです。まして悪人は言うまでもありません。
ところが世間の人は普通、「悪人でさえ往生するのだから、まして善人はいうまでもない」といいます。これは一応もっともなようですが、本願他力の救いのおこころに反しています。なぜなら、自力で修めた善によって往生しようとする人は、ひとすじに本願のはたらきを信じる心が欠けているから、阿弥陀仏の本願にかなっていないのです。しかしそのような人でも、自力にとらわれた心をあらためて、本願のはたらきにおまかせするなら、真実の浄土に往生することができるのです。

※本願・・・それが完成しなければ仏(真理をさとったもの)にならないという誓いをともなっているので、誓願ともいわれる。阿弥陀仏の衆生救済のための根本となる願い。
※自力・・・自力の力で善根を修め浄土へ往生しようとすること。阿弥陀仏の本願を疑う行者自身のはからいのこと。
※唯信鈔文意・・・親鸞聖人が、同じ法然聖人門下の先輩にあたる聖覚法印の著わされた『唯信鈔』について、その題号および引証された経釈の要文に註釈を施された書物である。



今月の言葉(B)

「命を見つめる木の命を土の命を人の命を 
                          (喜多内十三造師


春になりました。学生さん進級・進学あるいは社会へ飛び出します。植物も芽吹き花を咲かせる。さまざまな命がspring(バネのようにハネる躍動)する季節になりました。わが身わが命だけでなく、周囲のすべての命に目を向けてみたい季節です。わが命が実」にさまざまな他の命によって生かされていることに気づきます。

※喜多内十三造・・・調べてもよくわからなかったのですが、詩人で多くの著作がおありのようです。






 《 命日 》 「A3仏教」2019.3
 
 「ご命日はいつですか?」と問われれば普通、亡くなった日を答えるでしょう。その通りではあるのですが実は、「仏さまの命の誕生日」なのです。
単に亡くなった日というのではなく、浄土真宗では「浄土に生まれ往く(往生)」の日、つまり、浄土で仏さまに生まれ変わる日なのです。お葬式は悲しいものですが、この意味からすれば「命日」は実にめでたい日。ですから、お葬式に赤飯を出す地域があるのですね。
住職も友人住職のお母様がお亡くなりになった時、「・・・(ご往生されて)おめでとうございます」と打電しました。その弔電がお葬式内で披露された折、参列者の方から「ホーッ」と声が出て、その後に「南無阿弥陀仏」とお念仏が出てくださったそうです。
大学で一緒に過ごした彼だからこそそういう弔電を届けることができた訳で、普通ではとても無理なことでしたが、その寺のご門徒方は私の思いを瞬時に理解してくださったようです。